基礎化粧品の成分.comでタグ「肌荒れ」が付けられているもの

レタスエキス

キク科植物、レタスの葉から抽出したエキス。

有機酸やビタミン類を含んでいる。消炎と鎮静効果により、肌荒れを防ぐ化粧品に使用されている。また、薬理的には利尿作用があることから、肌の循環機能を高めることによりむくみ等にも効果が期待できる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎、鎮静

 

モモ葉エキス

バラ科植物、モモの葉から抽出されたエキス。

ニキビや肌荒れを防ぐ化粧品に使用される。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎、細胞活性

 

ブドウ葉エキス

ブドウ科植物、アカブドウの葉から抽出したエキス。

肌のキメを整えたり、肌荒れを防いでくれるほか、血行促進効果によりくすみも防止できる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎、保湿、血行促進

 

ブドウ種子油

ブドウ科植物、アカブドウの葉から抽出したエキス。

肌のキメを整えたり、肌荒れを防いでくれるほか、血行促進効果によりくすみも防止できる。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】グレープシードオイル

【配合目的】エモリエント、酸化防止

 

ピリドキシンHCI

ニキビや肌荒れを防ぐ化粧品に使われる。

(「美肌」の為の成分)

【別名】ビタミンB6塩酸塩、塩酸ピリドキシン

【配合目的】肌あれ、かゆみ防止

 

乳酸

配合量が少ないときは角質の柔軟材として、多い場合にはピーリング剤として使われる。

目、皮膚、気道を刺激してかゆみや肌荒れ、ただれなどを起こすことがある。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】角質柔軟、ピーリング

 

グアイアズレン

ハマビシ科植物、ユウソウボクの精油から精製加工して得る固体、もしくは液体。

消炎、殺菌効果があり、ニキビや肌荒れ予防の化粧品に使われる。

紫外線吸収効果もあり。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】消炎、防腐、殺菌

 

ウェブページ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。