基礎化粧品の成分.comでタグ「界面活性」が付けられているもの

レシチン

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】ダイズリン脂質

【配合目的】保水、乳化分散、界面活性

 

ラウリル硫酸トリエタノールアミン

脂肪を取り除き、タンパク変性作用があるため、皮膚が乾燥してあれるといわれている。

目に悪影響があり、障害をおこす。

動物実験で受精卵の死亡が報告されている。

ラウリル硫酸Naも同様。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】ラウリル硫酸TEA

【配合目的】界面活性、洗浄

 

ジグリセリン

少量のグリセリンやポリグリセリンを含み、保湿効果がある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】保湿、界面活性

 

シリコン樹脂の粉末。

水をはじく性質があり、汗や皮脂にとけないためメークアップ化粧品の顔料を処理するのにも使われている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】ジメチコン

【配合目的】界面活性

 

加水分解シルク

絹繊維を希硫酸溶液で抽出した後精製して得る。

保湿しながら、肌の水分が蒸発しないようにしっかりガードする。

グリシンを含んでおり、美白効果も期待できる。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】加水分解シルク末

【配合目的】保湿、美白、界面活性

 

加水分解コンキオリン

真珠貝と呼ばれる、アコヤ貝の真珠または貝殻を粉末化して酸を加え、カルシウムを除いて加水分解して得る成分。

保湿効果のほか、皮膚の細胞を活性化するので、アンチエイジング化粧品に多く使われる。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】加水分解コンキオリン液

【配合目的】保湿、細胞活性、界面活性

 

ウェブページ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。