基礎化粧品の成分.comでタグ「消炎」が付けられているもの

ローズマリーエキス

シソ科植物、マンネロウの葉や花から抽出したエキス。

ハーブとしてもよく料理にも使われている。

抗酸化効果からアンチエイジング化粧品として消炎、抗菌効果からニキビ用化粧品として使われる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】防腐、殺菌、抗菌、抗酸化、消炎

 

レタスエキス

キク科植物、レタスの葉から抽出したエキス。

有機酸やビタミン類を含んでいる。消炎と鎮静効果により、肌荒れを防ぐ化粧品に使用されている。また、薬理的には利尿作用があることから、肌の循環機能を高めることによりむくみ等にも効果が期待できる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎、鎮静

 

ヨモギエキス

キク科植物、ヨモギの葉から抽出されたエキス。

ヨモギは民間傷薬として古くから使われており、ヨモギエキスは肌荒れを防ぐ化粧品に多く使われている。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎、収れん、血行促進

 

ヨクイニンエキス

イネ科植物、ハトムギの実から抽出されたエキス。

糖類、アミノ酸類などを含み、うるおいのあるなめらかな肌を作る。

イボとり、肌荒れ改善の漢方薬としても使われている。

(「美肌」の為の成分)

【別名】ハトムギエキス、ハトムギ種子エキス

【配合目的】保湿、消炎、皮膚再生、肌荒れ防止、美白

 

モモ葉エキス

バラ科植物、モモの葉から抽出されたエキス。

ニキビや肌荒れを防ぐ化粧品に使用される。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎、細胞活性

 

マロニエエキス

トチノキ科植物、セイヨウトチノキ=マロニエの実または葉から抽出したエキス。

肌荒れ用化粧品に多く使われる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎

 

ブドウ葉エキス

ブドウ科植物、アカブドウの葉から抽出したエキス。

肌のキメを整えたり、肌荒れを防いでくれるほか、血行促進効果によりくすみも防止できる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎、保湿、血行促進

 

ハマメリスエキス

マンサク科植物、アメリカマンサク(ウイッチヘーゼル)の葉、樹皮から抽出されるエキス。

サポニンやフラボノイドなどを含む。

収れん、消炎効果があるので、キメを整えたり、肌荒れを防ぐ化粧品に用いられる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎

 

トマトエキス

ナス科植物、トマトの果実から抽出されるエキス。

多くのビタミン類やカロチン、リコピンなどを含んでいる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】保湿,消炎,収斂,細胞活性

 

トウキエキス

セリ科植物、トウキの根から抽出したエキス。

婦人用漢方薬としても多く使われている。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎,血行促進,保湿

 

チャエキス

ツバキ科植物、茶の葉から抽出したエキス。

タンニンやカフェイン、アミノ酸、ビタミンなどを含んでいる。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】緑茶エキス

【配合目的】収れん、消炎、酸化防止

 

ソウハクヒエキス

クワ科植物、マグワまたはその同属植物の根皮から抽出されたエキス。

(「美肌」の為の成分)

【別名】クワエキス

【配合目的】消炎、美白

 

セージエキス

シソ科の植物、サルビアから抽出されたエキス。

血行促進や消炎、殺菌などのほかフラボノイドを含んでおり酸化防止効果もある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】消炎、血行促進、酸化防止、殺菌

 

シソエキス

シソ科植物、シソや近緑の植物の葉、茎などから抽出されたエキス。

収れん、消炎効果により肌のキメを整える化粧品に使われる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎、収れん

 

シコンエキス

ムラサキ科の植物、ムラサキの根から抽出したエキス。

皮膚炎用の漢方軟膏薬の主成分として古くから使われている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】シコニン

【配合目的】消炎、殺菌、着色

 

酸化亜鉛

収れんと消炎効果からローションやボディパウダーなどに使用される。

またファンデーションやお白粉、紫外線を散乱する効果からUVカット化粧品にも。

皮膚や粘膜を刺激してただれをおこすこともある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】収れん、消炎、紫外線散乱、顔料

 

クチナシエキス

アカネ科植物、クチナシの果実から抽出したエキス。

乾燥から肌を守り、肌荒れを防いでくれる。

(「美肌」の為の成分)

【別名】サンシシエキス

【配合目的】消炎、鎮静、保湿

 

グアイアズレン

ハマビシ科植物、ユウソウボクの精油から精製加工して得る固体、もしくは液体。

消炎、殺菌効果があり、ニキビや肌荒れ予防の化粧品に使われる。

紫外線吸収効果もあり。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】消炎、防腐、殺菌

 

カラミン

赤色の顔料である酸化鉄を微量配合した酸化亜鉛。

肌荒れを防ぐ消炎効果がある。

皮膚や粘膜を強く刺激し、ただれを起こすことがある。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎、収れん

 

ガマ穂エキス

ガマ科植物、ヒメガマや同科同属植物から抽出したエキス。

消炎の生薬としても使用されており、化粧品としても肌荒れ防止の効果がある。

保湿効果も高い。

(「美肌」の為の成分)

【別名】ガマエキス

【配合目的】消炎、保湿

オウレンエキス

キンポウゲ科植物、オウレンの根茎から抽出したエキス。

消炎、抗菌効果があるため、肌を清潔に保ち、肌荒れを防ぐ化粧品やニキビ予防の化粧品、洗顔料に配合される。

フラボノイドを含んでおり、活性酸素を抑制する効酸化作用も。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎、抗菌

アロエベラエキス-2

ユリ科植物、キダチアロエ、アロエベラの葉から抽出したエキス。

保湿効果のほか、紫外線吸収や、肌のほてりを鎮める消炎効果もあり、日焼け止めや日焼け後の化粧品にも使われている。

(「美肌」の為の成分)

【別名】アロエエキス
【配合目的】保湿、消炎、紫外線吸収

ウェブページ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。