基礎化粧品の成分.comでタグ「エモリエント」が付けられているもの

リノール酸

サンフラワーオイルなど、植物油から抽出された脂肪酸。

肌になじみが良く、細胞間脂質の構造を強化してバリア機能を強化していく。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】エモリエント

 

ラノリン

ヒツジの毛から採集したオイル。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、安定化

 

ユーカリ油

フトモモ科植物、ユーカリの木の葉から抽出したオイル。

ニキビ防止用化粧品などに使用されている。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】エモリエント、抗菌、血行促進、収れん

 

ミネラルオイル

石油から様々な精製過程を経て得られるオイル。

角質になじんで、水分が蒸発するのを防ぐ。

基本的に精製されているが未精製のものは発ガン性があるといわれている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】流動パラフィン

【配合目的】エモリエント、乳化、安定化

 

ホホバ油

シムモンドシア科植物、ホホバの実から抽出したオイル。

肌の水分が蒸発するのをしっかり防ぎながら、サラッとした感触で使いやすい。

長期間使用すると、皮脂腺機能が低下すると言われている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料

 

ブドウ種子油

ブドウ科植物、アカブドウの葉から抽出したエキス。

肌のキメを整えたり、肌荒れを防いでくれるほか、血行促進効果によりくすみも防止できる。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】グレープシードオイル

【配合目的】エモリエント、酸化防止

 

セラミド

肌内部の水分を包み込んで保持する細胞間脂質の主成分。

(「美肌」の為の成分)

【別名】セラミド-3:N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、セラミド-2:N-ステアロイルデヒドロスフィンゴシン

【配合目的】エモリエント、安定化

 

スクワラン

深海鮫の肝臓に多く含まれている肝油から抽出したスクワランを安定化させたオイル。

皮膚への浸透性が高い。

長時間使用すると皮脂腺の退化を起こすといわれている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料、保湿

 

グリコール酸

サトウキビやブドウの実、葉などに含まれる有機酸。

化粧品原料としてはクロロ酢酸かアミノ酸のグリシンで肌の必須成分。

メラニン色素を抑える美白効果もある。

また保湿効果が高く、多くの化粧品に使われる。

医薬品として栄養剤、解毒剤などに使われる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】エモリエント、ピーリング

 

カロチン

ビタミンAの前駆物質。エモリエント効果があり、皮膚の代謝を正常に保つ働きがある。

活性酸素の害を防ぐ、新しい細胞が生まれるのを助けるなどの働きもありアンチエイジング化粧品に使われる。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】β-カロチン

【配合目的】エモリエント,保湿,着色

オリーブ油

モクセイ科植物、オリーブの果実から採取したオイル。

肌を柔軟にして、水分を保持する効果に
優れている。

(「美肌」の為の成分、化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料

エゴマ油

シソ科植物、エゴマの種から抽出されるオイル。

細胞膜構造の維持や、機能調整を行うα-リノレン酸を豊富に含む。

α-リノレン酸は欠乏すると乾燥、角化異常、アトピー性皮膚炎などを引き起こすことがあり、
敏感肌用の化粧品にも用いられている。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】エモリエント

アーモンド油

バラ科植物、アーモンドの種子から採取したオイル。肌を柔軟にし、水分の保持に優れている。

(「美肌」の為の成分、化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】アルモンド油
【配合目的】エモリエント、油性原料

アボガド油

クスノキ科植物、アボガドから摂取したオイル。βーカロチンやビタミンE、ミネラルや脂肪酸などを含む。
ほかの植物オイルに比べて、肌への浸透性が高く使いやすい。

(「美肌」の為の成分、化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料

ウェブページ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。