カレンダー

« 2011年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

紫外線散乱の最近のブログ記事

酸化チタン

光の屈折率が高い為、ファンデーションをはじめさまざまなメークアップ化粧品に使われる。

紫外線を散乱する効果があり、肌につけても透明な為UVカット化粧品にも。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】着色、紫外線散乱

 

酸化ジルコニウム

皮膚炎やめまいなどをおこすことがある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】顔料、安定化、紫外線散乱

 

酸化亜鉛

収れんと消炎効果からローションやボディパウダーなどに使用される。

またファンデーションやお白粉、紫外線を散乱する効果からUVカット化粧品にも。

皮膚や粘膜を刺激してただれをおこすこともある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】収れん、消炎、紫外線散乱、顔料

 

アルミナ

紫外線散乱以外に、粉状化粧品の基材としても使われる。

(「美肌」の為の成分、化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】酸化アルミニウム
【配合目的】紫外線散乱、基剤


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紫外線散乱カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紫外線吸収です。

次のカテゴリは細胞活性です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。