カレンダー

« 2011年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

油性原料の最近のブログ記事

ホホバ油

シムモンドシア科植物、ホホバの実から抽出したオイル。

肌の水分が蒸発するのをしっかり防ぎながら、サラッとした感触で使いやすい。

長期間使用すると、皮脂腺機能が低下すると言われている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料

 

スクワラン

深海鮫の肝臓に多く含まれている肝油から抽出したスクワランを安定化させたオイル。

皮膚への浸透性が高い。

長時間使用すると皮脂腺の退化を起こすといわれている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料、保湿

 

ジメチコン

代表的なシリコーン油で、化粧品に用いられるオイル類とは性質が大きく異なっている為さまざまな用途で使われている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】メチルポリシロキサン

【配合目的】油性原料、潤滑・柔軟、消泡

 

サフラワー湯

キク科植物、ベニバナの種子から抽出されるオイル。

リノール酸を豊富に含む為、バリア機能を高める化粧品に多く使われる。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料

 

オリーブ油

モクセイ科植物、オリーブの果実から採取したオイル。

肌を柔軟にして、水分を保持する効果に
優れている。

(「美肌」の為の成分、化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料

アーモンド油

バラ科植物、アーモンドの種子から採取したオイル。肌を柔軟にし、水分の保持に優れている。

(「美肌」の為の成分、化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】アルモンド油
【配合目的】エモリエント、油性原料

アボガド油

クスノキ科植物、アボガドから摂取したオイル。βーカロチンやビタミンE、ミネラルや脂肪酸などを含む。
ほかの植物オイルに比べて、肌への浸透性が高く使いやすい。

(「美肌」の為の成分、化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち油性原料カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは殺菌です。

次のカテゴリは洗浄です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。