カレンダー

« 2011年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

エモリエントの最近のブログ記事

リノール酸

サンフラワーオイルなど、植物油から抽出された脂肪酸。

肌になじみが良く、細胞間脂質の構造を強化してバリア機能を強化していく。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】エモリエント

 

ラノリン

ヒツジの毛から採集したオイル。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、安定化

 

ユーカリ油

フトモモ科植物、ユーカリの木の葉から抽出したオイル。

ニキビ防止用化粧品などに使用されている。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】エモリエント、抗菌、血行促進、収れん

 

ミネラルオイル

石油から様々な精製過程を経て得られるオイル。

角質になじんで、水分が蒸発するのを防ぐ。

基本的に精製されているが未精製のものは発ガン性があるといわれている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】流動パラフィン

【配合目的】エモリエント、乳化、安定化

 

ホホバ油

シムモンドシア科植物、ホホバの実から抽出したオイル。

肌の水分が蒸発するのをしっかり防ぎながら、サラッとした感触で使いやすい。

長期間使用すると、皮脂腺機能が低下すると言われている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料

 

ブドウ種子油

ブドウ科植物、アカブドウの葉から抽出したエキス。

肌のキメを整えたり、肌荒れを防いでくれるほか、血行促進効果によりくすみも防止できる。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】グレープシードオイル

【配合目的】エモリエント、酸化防止

 

セラミド

肌内部の水分を包み込んで保持する細胞間脂質の主成分。

(「美肌」の為の成分)

【別名】セラミド-3:N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、セラミド-2:N-ステアロイルデヒドロスフィンゴシン

【配合目的】エモリエント、安定化

 

スクワラン

深海鮫の肝臓に多く含まれている肝油から抽出したスクワランを安定化させたオイル。

皮膚への浸透性が高い。

長時間使用すると皮脂腺の退化を起こすといわれている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】エモリエント、油性原料、保湿

 


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエモリエントカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアルカリ剤です。

次のカテゴリはスクラブです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。