カレンダー

« 2011年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

着色の最近のブログ記事

リボフラビン

皮膚機能を正常に保つ働きをする。

光毒性の疑いがある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】ビタミンB2

【配合目的】着色(フラビン系色素)、栄養

マイカ

白雲母、金雲母を砕いてえる顔料

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】含水ケイ酸アルミニウムカリウム

【配合目的】着色

 

ハイビスカス色素

ハイビスカスの花のガクからとれるフラボノイド系色素。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】着色

 

だいだい○号

だいだい203~205号、401~403号はアレルギー、黒皮症の原因となり、発ガン性もある。

201、202号は紫外線による皮膚への刺激がある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】着色料(タール色素)

 

赤色○号

多くの物に発ガン性の疑いがある。

404、405号は国内で自主規制の対象になっている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】着色(タール色素)

 

シソ色素

チリメンジソの葉から抽出されるフラボノイド系色素。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】シソニン

【配合目的】着色

 

シコンエキス

ムラサキ科の植物、ムラサキの根から抽出したエキス。

皮膚炎用の漢方軟膏薬の主成分として古くから使われている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】シコニン

【配合目的】消炎、殺菌、着色

 

酸化鉄

黄酸化鉄は着色の顔料として、黒酸化鉄は黒の顔料としてなど、それぞれの色にあったメークアップ化粧品使われている。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】黄酸化鉄、黒酸化鉄、ベンガラ、酸化第二鉄、三二酸化鉄

【配合目的】着色

 


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち着色カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは皮膚柔軟です。

次のカテゴリは紫外線吸収です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。