カレンダー

« 2011年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

防腐・殺菌の最近のブログ記事

ローズマリーエキス

シソ科植物、マンネロウの葉や花から抽出したエキス。

ハーブとしてもよく料理にも使われている。

抗酸化効果からアンチエイジング化粧品として消炎、抗菌効果からニキビ用化粧品として使われる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】防腐、殺菌、抗菌、抗酸化、消炎

 

レモンエキス

レモンの果実から抽出されるエキス。

クエン酸を多く含んでいる。肌につけて紫外線にあたるとシミの原因になるという報告もある。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】保湿、収れん、殺菌、防腐

 

ユーカリエキス

角質層のセラミドの生成を促進させる働きがあり、バリア機能を高める。

アトピー性皮膚炎や、患者向け化粧品にも使用される。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】防腐、殺菌、抗菌、血行促進、収れん、保湿

 

パラベン

パラオキシ安息香酸とさまざまなアルコール類との化合物。

これらを通称パラベンと呼んでいる。化粧品の処方により種類は色々だが、よく使われるのがメチルパラベン。

活性酸素を発生させるほか、環境ホルモンの疑いもある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸エステル、メチルパラベン

【配合目的】防腐・殺菌

 

ティーツリー油

フトモモ科植物、ティーツリーの樹木から抽出されたオイル。

殺菌消毒効果に優れているので、ニキビ予防化粧品などに使われる。

(「美肌」の為の成分)

【別名】ティーツリー油

【配合目的】防腐、殺菌

 

ジイソプロパノールアミン

皮膚、粘膜を刺激する。

皮膚がアルカリで溶けて皮膚障害をおこすことがある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】DIPA

【配合目的】防腐・殺菌、アルカリ剤

 

グアイアズレン

ハマビシ科植物、ユウソウボクの精油から精製加工して得る固体、もしくは液体。

消炎、殺菌効果があり、ニキビや肌荒れ予防の化粧品に使われる。

紫外線吸収効果もあり。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】消炎、防腐、殺菌

 

皮膚や粘膜を強く刺激して、はれやニキビなどの皮膚発疹を起こすといわれている。

(「美肌」の為の成分、化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】防腐・殺菌、紫外線吸収、収斂、酸化防止


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち防腐・殺菌カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは鎮静です。

次のカテゴリは顔料です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。