カレンダー

« 2011年4月123456789101112131415161718192021222324252627282930

消炎の最近のブログ記事

ローズマリーエキス

シソ科植物、マンネロウの葉や花から抽出したエキス。

ハーブとしてもよく料理にも使われている。

抗酸化効果からアンチエイジング化粧品として消炎、抗菌効果からニキビ用化粧品として使われる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】防腐、殺菌、抗菌、抗酸化、消炎

 

レタスエキス

キク科植物、レタスの葉から抽出したエキス。

有機酸やビタミン類を含んでいる。消炎と鎮静効果により、肌荒れを防ぐ化粧品に使用されている。また、薬理的には利尿作用があることから、肌の循環機能を高めることによりむくみ等にも効果が期待できる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎、鎮静

 

ヨモギエキス

キク科植物、ヨモギの葉から抽出されたエキス。

ヨモギは民間傷薬として古くから使われており、ヨモギエキスは肌荒れを防ぐ化粧品に多く使われている。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】消炎、収れん、血行促進

 

ヨクイニンエキス

イネ科植物、ハトムギの実から抽出されたエキス。

糖類、アミノ酸類などを含み、うるおいのあるなめらかな肌を作る。

イボとり、肌荒れ改善の漢方薬としても使われている。

(「美肌」の為の成分)

【別名】ハトムギエキス、ハトムギ種子エキス

【配合目的】保湿、消炎、皮膚再生、肌荒れ防止、美白

 

モモ葉エキス

バラ科植物、モモの葉から抽出されたエキス。

ニキビや肌荒れを防ぐ化粧品に使用される。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎、細胞活性

 

マロニエエキス

トチノキ科植物、セイヨウトチノキ=マロニエの実または葉から抽出したエキス。

肌荒れ用化粧品に多く使われる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎

 

ブドウ葉エキス

ブドウ科植物、アカブドウの葉から抽出したエキス。

肌のキメを整えたり、肌荒れを防いでくれるほか、血行促進効果によりくすみも防止できる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎、保湿、血行促進

 

ハマメリスエキス

マンサク科植物、アメリカマンサク(ウイッチヘーゼル)の葉、樹皮から抽出されるエキス。

サポニンやフラボノイドなどを含む。

収れん、消炎効果があるので、キメを整えたり、肌荒れを防ぐ化粧品に用いられる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎

 


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち消炎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは消泡です。

次のカテゴリは湿潤です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。