カレンダー

« コスメ成分: 2009年5月 »12345678910111213141516171819202122232425262728293031

コスメ成分: 2009年5月アーカイブ

ヒアルロン酸

ニワトリのトサカから抽出して得る。

加水分解したり、弱アルカリで抽出した物に対し、微生物で合成した物をバイオヒアルロン酸と呼ぶことがある。

保水効果に優れており、乾燥から肌を守る。

(「美肌」の為の成分)

【別名】ヒアルロン酸ナトリウム(Na)

【配合目的】保湿

 

パラベン

パラオキシ安息香酸とさまざまなアルコール類との化合物。

これらを通称パラベンと呼んでいる。化粧品の処方により種類は色々だが、よく使われるのがメチルパラベン。

活性酸素を発生させるほか、環境ホルモンの疑いもある。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【別名】パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸エステル、メチルパラベン

【配合目的】防腐・殺菌

 

パラフィン

石油からさまざまな精製過程を経て得られる固形オイル。

皮膚を刺激し、湿疹を起こすことがある。

規格に適合したものならパラフィンガンの心配はない。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】安定化

 

ハマメリスエキス

マンサク科植物、アメリカマンサク(ウイッチヘーゼル)の葉、樹皮から抽出されるエキス。

サポニンやフラボノイドなどを含む。

収れん、消炎効果があるので、キメを整えたり、肌荒れを防ぐ化粧品に用いられる。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】収れん、消炎

 

パパイン

角質細胞のタンパク質を分解して、古い角質を除去する。

肌荒れや乾燥を起こすことがある。

(「美肌」の為の成分)

【別名】パパイヤ酵素

【配合目的】角質柔軟

 

ハイビスカス色素

ハイビスカスの花のガクからとれるフラボノイド系色素。

(化粧品を作るうえで添加する成分)

【配合目的】着色

 

バイオSOD

皮膚にもともとある防御成分のひとつをバイオ技術により得た成分。

(「美肌」の為の成分)

【別名】加水分解酵母

【配合目的】美白

 

尿素

尿に含まれる生体成分のひとつ。

皮膚の角質層では天然保湿成分として働くといわれている。

少量で角質の柔軟や保湿効果がある。

多量に使用するとヒジやカカトなどの硬くなった角質を取り除き、なめらかにする。

皮膚や粘膜、目などに刺激性があり、ヒリヒリ感を感じたら使用を中止したほうが良い。

(「美肌」の為の成分)

【配合目的】保湿、角質柔軟

 


このアーカイブについて

このページには、コスメ成分2009年5月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはコスメ成分: 2009年4月です。

次のアーカイブはコスメ成分: 2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。